カトウダイスケ! カットダイスキ!!

シラチャの美容師 加藤大介のThailand生活を綴った日記 

06<< 12345678910111213141516171819202122232425262728293031 >>08

プロフィール

Daisuke Kato

Author:Daisuke Kato
シラチャにヘアーサロンをオープンして3年と少し。
Daisに来てくれる全てお客様を可愛くキレイに、またはカッコよくするため、日々頑張ってます。

アーカイブ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Happy Monday!

毎週月曜日の夜にひそかな楽しみがある。

みんなは、夜11時からNHKで放映されている“テレビで中国語”っていう

番組を見た事あるかな?

最初はCicaちゃんが出てるから見てたんだけど、この番組の“ピンイン解析室”という

コーナーを担当している段文凝(だんぶんぎょう)先生、とても可愛い!

特に声が可愛いんだな。



これで俺の3大注目株は、パフューム・膳場さん・そして段先生となるわけだ。

う~ん、自分でもよく分からんぞ。

でも機会があったら、みんなも一度、見てみてね






















スポンサーサイト

Thai 旅行記 Bangkok編 その2 ~ Epilogue

サービスアパートメントは長期滞在者が利用する施設だ。

運よくここの一室が空いてるという事で、一泊させてもらう事にした。


鍵をもらって指定された18階の部屋に向かう。

よく見ると、行きかう住人はなぜだか、インド人とアフリカ人ばかり。

部屋に入り、エアコンをつけようとしたが、リモコンのところには

“Out of order.”の貼り紙が・・・・・

おいおい、ここは常夏、バンコクだぞ!

スイッチを入れても部屋の照明は点かず、

唯一、点いたのはベッドのサイドテーブルに置いてある間接照明1つだけ。

そして18階の部屋にもかかわらず、なぜか小さいアリがいっぱい歩いている!



フロントに部屋を変えてくれと頼んでみたけど、空き部屋がないと言われた。

どーだかねぇ~。

まぁ、寝場所を確保出来ただけでもよしと思う事にした。


対策として、出来るだけロビーで過ごすようにした。

ロビーはエアコンがきいてるからね。

しかし就寝しても暑さで寝付けず、この一晩で3回水シャワーを浴びた。


翌朝、早々チェックアウトして空港に向かう。

途中でTシャツの重さに耐えきれず、安物のビニール製バッグのキャスターは擦り切れて

回らなくなり、挙句の果てには取っ手がすっぽ抜けた。



Epilogue

てんやわんやのタイ旅行ではあったけど、2つのミッションをこなし、とてもいい結果も得た。

活気にみちたタイの人々は、お釣りをごまかしたり、面倒くさそうに仕事をこなしたり

しながらも、いつも微笑んでいる。

毎日違う表情の、海に沈んでいく夕陽を眺めながら暮らすのも悪くない。

ここに懸けてみようかと思う。


























Thai 旅行記 Bangkok編 その1

タイに来て4日目の朝、1つ目のミッションをこなし、意気揚々である俺は、

2つ目のミッション、Tシャツを買うためにバンコク行きのバスに乗り込んだ。


バスといっても、運転手も含めて12人乗りの小さなバスで、

俺以外はタイ人ばかりだ。

ギュウギュウの満員で出発、シラチャをあとにした。



バスに揺られて約2時間、バンコクに到着。

美容師であるはずの俺は、バイヤーと化した。

バスを降り、お目当てのTシャツの卸し問屋まではタクシーで。

すぐに見つかったので店内に入り、早速Tシャツを選んだ。

日本でこれが売れるか売れないかは、俺のセンスで決まるというわけだね。

さまざまな柄やサイズ、色などを選び120枚購入、重さにして30㎏にもなった。

これを運ぶため、近くのかばん屋でキャスター付きビニール製のかばんを買った。



バンコクでもホテルの予約はとっていなかったので、近くにあったホテルのフロントに行き、

部屋は空いているかというような事をデタラメな英語で聞いてみた。

答えは、まさかの『今日は一杯です』だった。

重い荷物のため身動きがとれないので、すっかり途方にくれた俺は、

明日帰るし今日はもう寝るだけなので、ここの近くで泊まれるところを紹介してくれと、

ずうずうしくも、これまたデタラメな英語でホテルのフロント係に聞いてみた。

すると、『うちのホテルの裏にサービスアパートメントならあるよ。そこへ行ってみたら』と、

あっさり他の宿泊施設を紹介してくれたので、これまた重い荷物を引きずりながら、

ホテルの裏にあるというアパートメントへ向かったのだった。


Thai 旅行記 Bangkok編 その2に続く!!



























Thai旅行記 Sriracha編

成田から南西方向へ約5000kmに位置するタイのスワンナプーム国際空港。

さすが東南アジアのハブ空港だけに、とにかくバカでかい。

日本から6時間程度で到着した。

早速、まずは1つめのミッションをこなすためにシラチャへと向かった。

ここに日本人が経営する美容室があるのだ。


シラチャは空港からタクシーで約1時間、リゾートやミスコンなどで有名なパタヤの

隣にある小さな港町で、ここには4日間滞在する予定だ。

日本からホテルの予約はとっていないので、まずはホテル探しから。

日本語は通じないが、安くてなかなかのホテルをみつける事ができた。


街は観光地ではないのに日本語の看板が多く、滞在している日本人の多さがうかがえる。

ここは日系の企業が数多くある街なのだ。

日本語の看板を掲げている店に入り、日本人の経営しているサロンの事を聞くと、

すんなり見つける事ができた。

素晴らしい事に、サロンの裏はすぐ海で、海沿いにある大きな公園から

美しいサンセットをみる事ができる。


実はオーナーの美容師さんとは、日本で一度、お会いしている。

滞在中には一緒にご飯をたべたり、パタヤに行ったり、とてもお世話になった。

そして俺は、この小さな港町がとても気に入った。


Bangkok編へと続く!





















Thai 旅行記   Prologue

タイ行ってまいりました!


今回のミッションは2つ。

まず1つめは、タイでヘアーサロンを経営している、日本人の美容師さんに会いに行く事。

そして2つめは、うちの会社でやっている、竹下通りにある洋服屋のための

Tシャツの買い付け。


タイには4年前に一度行った事があるんだけど、たいへん食べ物に苦労した。

なんてたって、辛い物は苦手だし、独特の香辛料や香草は全くダメ。

グリーンカレーとか食べるんだったら、レトルトカレーの方がありがたいというあり様なんだな。

だから今回は、いっさいタイ飯抜きでいく事にしたのだ。



微笑みの国といわれるタイへの一人旅、はたしてどうなる事やら・・・

そして何がどんだけ、どのように微笑んでいるのであろうか。

これも確かめねばなるまい・・・・・


次回へ続く!!


















突然ではございますが・・・

このたび、7月4日(月)~7月8日(金)まで、タイに行って来ます。

早めに皆さまに報告しなくてはと思いつつも、気が付いたら

出国まじかになっちゃってしまいました。

だぃ散歩とかしている場合じゃぁなかったようです。

9日(土)からは通常通り、トローゼームです。


タイには一度観光で行った事があるんだけど、やはり食べ物で苦労したんだな。

あとはまぁゾウに乗ったり、遺跡を見たり、はたまたビーチではしゃいだりして

なかなか楽しかったんだけど、今回は仕事で、しかもタイトでハードなスケジュール。


報告は帰国後という事で、あさって早朝より成田から御免こうむりやす。





















 | ホーム | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。