カトウダイスケ! カットダイスキ!!

シラチャの美容師 加藤大介のThailand生活を綴った日記 

03<< 123456789101112131415161718192021222324252627282930 >>05

プロフィール

Daisuke Kato

Author:Daisuke Kato
シラチャにヘアーサロンをオープンして3年と少し。
Daisに来てくれる全てお客様を可愛くキレイに、またはカッコよくするため、日々頑張ってます。

アーカイブ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

前回の続き

俺は犬が好きだ。

物心がついた時には、既に家に犬がいた。

小学生のころ、自分の犬が欲しくて、近所から犬を貰ってきた。

犬小屋に一緒に入って昼寝したり、自転車で散歩したり、

いつもそばには犬がいた。


犬の躾も、父親と犬の関係をずっと見てたので自信がある。

そして今も6年間、一緒に生活してるトイプードルの〝富士〟

と暮らしている。



そんな俺なのだが、ソンクラーンの最終日の事。

引きこもり生活も飽きたので、たまには一杯、ということで

夜になってからフラフラと近所のスナックへ。

毎度の事だが、少しばかりの酒で酔っ払った帰り道での出来事。


犬を愛して止まないこの俺が、きったない野良犬に吠えられた。

これだけでもショックなのに、あろう事かそいつは俺に駆け寄ってきて、

俺の太ももに、〝ガブリ〟・・・咬まれた。


タイの犬は、非常に危険だ。

見ためからして皮膚が爛れてたり、毛が抜けてたり、いかにもアウトローなのだ。

当然、破傷風や狂犬病になるおそれがある。

即座に病院へ行き、消毒と注射を2本打った。

そしてしばらく毎日通院するはめになったのだ。


治療が終わり、家に帰ると、酔った挙句に野良犬に咬まれた俺を、

富士は冷ややかな目で見ていたのでした。






















スポンサーサイト

Accident その1

いや~、長い正月だった。

こちらはソンクラーンといって、4月の中旬が日本でいうお正月なのだ。

タイの一年間の中で今が一番暑さが厳しく、ソングラーンでは街中で水を掛け合う

という行事がある。

逕サ蜒・089_convert_20120419140019


街を歩いてると、水鉄砲やホース、またはバケツなどで、あちらこちらから

水が容赦なく襲ってくる。

これが氷水だったりするからたまんない。

目的地に着くころには、全身びしょ濡れなのだ。

でも、腹を立ててはいけない。

郷に入っては郷に従え なのだ。


当然、自分の身は、自分で守らなければなんない。

そんなんで、部屋から出ない事にした。

俺の場合、いくら水が滴ろうと、決してイイ男とは呼ばれないからな。(タイの

GAL達はセックスィーだけどね)


まず、トローゼームの三浦さんにお願いして、DVDを送ってもらった。

そして居酒屋 獏 のマスターからもDVDを借りた。

しかし、約一週間ある休みには、これでもまだ足りない。

なんせ一日に6本ぐらいは観てしまうのだ。

そこで怪しいげなDVD SHOPに行き、何本か購入、完全に引きこもった。



ソンクラーンの最終日、水掛けもおさまったと判断した俺は、

久しぶりに外出をした。


続きはまた今度!









 | ホーム | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。