カトウダイスケ! カットダイスキ!!

シラチャの美容師 加藤大介のThailand生活を綴った日記 

05<< 123456789101112131415161718192021222324252627282930 >>07

プロフィール

Daisuke Kato

Author:Daisuke Kato
シラチャにヘアーサロンをオープンして3年と少し。
Daisに来てくれる全てお客様を可愛くキレイに、またはカッコよくするため、日々頑張ってます。

アーカイブ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

俺、まだまだ っす。

よくタイ人と食事に行くんだけど、こっちは気候のせいか、屋外での食事が多い。

隣町のバンセンやパタヤなんかにもよく食事しに行くんだけど、

この辺りの町は海沿いなので、浜辺にテーブルや椅子、またはゴザをだして

夕陽なんかを眺めながら、ゆったりと新鮮な魚介類を食すなんてのがよくある。

時間なんて全く気にしない。

暗くなったら灯りを点ければいい。



考えればこれってすごく贅沢な時間だと思う。

しかし、どうしても気になっちゃうんだな、時間が。

つい、時計を見てしまう。

時間を気にしないタイ人の様になるのは、なかなか出来る事ではない。

俺もきっと、こんな時間の過ごし方を望んでいるはずなのに、ね。



町のお店なんかでも、日本ではどこも必ずあるといってもいい時計が、

こちらでは見かけない。

そして、ついつい時間を気にしてしまう俺。


余裕さえ感じさせるタイ人が、少し羨ましかったりする。












スポンサーサイト

THAILAND POPS

中国でも CHINA POPS にはまってよく聴いてたんだけど、ここタイでも

THAILAND POPS にはまりつつある。



これはあくまで俺なりの考えなんだけど、両国のPOPSには幾つかの共通がある。

その1 歌が上手い!

その2 メロディーが美しい!

その3 どこか懐かしい感じ!

とまぁ、挙げればこんな感じだろうか。


歌が上手いは兎も角、その2についてはただ単に、単純なコード進行で曲が分かり易くて、

ストレートだから先が読めるというか、ナチュラルで聴いてて飽きないのね。

そしてこれらは、むかし少年の頃によく聴いてた AMERICAN POPS を

思わせるような音使いなんだな。

失恋を歌ったものがほとんどで、一人ぼっちとか、恋しいという単語が必ず入ってる。(笑)


中国よりもタイの方が、この傾向が強い。

まぁ、昔っぽい。(笑)

だからきっと、日本の今どきの人が聴いたら、古臭くてダッサ~イ、って感じると思うよ。




日本の POPS を決して否定してる訳じゃぁないんだけど、手の込みすぎた

音楽は、今の俺にはきっと、必要ないんだろうなって思えちゃうんだな。


タイでの生活で、素朴な人や物に囲まれていると、こうなっちゃうわけだ。



















 | ホーム | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。