カトウダイスケ! カットダイスキ!!

シラチャの美容師 加藤大介のThailand生活を綴った日記 

09<< 12345678910111213141516171819202122232425262728293031 >>11

プロフィール

Daisuke Kato

Author:Daisuke Kato
シラチャにヘアーサロンをオープンして3年と少し。
Daisに来てくれる全てお客様を可愛くキレイに、またはカッコよくするため、日々頑張ってます。

アーカイブ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

海辺八景

久しぶりにサーフィン行ってきた。

いや~、今日はまいったな。

波がデカ過ぎて俺には歯が立たず、早々に切り上げのだ。



見上げるような大波に果敢に挑みラクラク TAKE OF、 RIPを当て込み

TUBU をくぐり抜け、波を乗り継ぎ IN SIDE へ・・・

浜で手を振るGIRL FREND に笑顔でこたえ、“お疲れ~”と、タオルを手渡してもらう。

なんてゆーのは夢のまた夢・・・

ローカルっぽく防波堤のカレントを使って沖へ向かってはみたが

ミドルで大きなセットを何発もくらい、ドルフィンをチャレンジしてはみるものの

潜りきれずに戻され、何回かそうやっているうちに筋肉はパンパンに張ってきて心が折れた。

“まぁ今日は久しぶりだから、体力も落ちてるからな”などとひとり呟き、今日は沖へ出るのを

断念した。

そしてパドリングしながら適当な波を見つけて浜へ向かうはずなのであったが

気づけばまた防波堤のカレントに引き寄せられ、自分の意思とはうらはらに

勝手に沖へと流れていくのでした。

体力は尽き果て腕が上がらず、役に立たないパドリングを繰り返すが

カレントには逆らえるはずもなく、“もうこうなったら、流されるだけながされよう”と

心に決めた。

そしてかなり大きく回り込んで、うす曇りの空の下、ボードを抱え

秋の気配を感じながら、トボトボと浜を戻る情けないわたくしがいるのでした。



今日はみんなで昼食をとった後、A-LOHASの隣にあるのどかな空き地で

コオロギの鳴く声を聞きながら、NeoさんをCUTしてきた。

樽川さんは亜紀さんと嵐君をCUT.

プロのお二人は、明日志田下で行われるJPSAの大会へ出場する。

是非、頑張って下さいね!

MjAwOTA5MjkxMjUzMDAwMC07.jpg



























COMMENT▼

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

TRACKBACK▼

http://daikfujik.blog43.fc2.com/tb.php/127-fb64fb79

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | ホーム | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。