カトウダイスケ! カットダイスキ!!

シラチャの美容師 加藤大介のThailand生活を綴った日記 

09<< 12345678910111213141516171819202122232425262728293031 >>11

プロフィール

Daisuke Kato

Author:Daisuke Kato
シラチャにヘアーサロンをオープンして3年と少し。
Daisに来てくれる全てお客様を可愛くキレイに、またはカッコよくするため、日々頑張ってます。

アーカイブ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

池袋スタッフの話 ~鄭勇編~

先月から働いてます鄭勇くん。



俺の事を『カトウセンパイ』と呼んでます。


只今シャンプーとマッサージを勉強中ということで、試しにやってもらったら

これがまたなかなか上手い。

訊けば、中国にいた時にヘアーサロンで働いてたらしい。

ちなみにカットも少しは出来ちゃうんだな。

たまに友達をサロンに連れてきてはカットしてあげてます。


しかし何故か日本では建築の学校に通っていて、将来は美容か建築、どちら

の道に進むか悩んでいるらしい。



勇くんが以前働いていた中国のサロンは体育会系だったか、勇くんはとても礼儀正しく、

お辞儀がやたらと深い。

そして少しでも時間が空くと、「カトウセンパイ、マッサージ、イカガデスカ?」と

まるで品川駅前に夜な夜な立ってる中国人の様に声をかけてきては

(品川のChina Girlは「オニイサン、・・・」ね)マッサージをしてくれる。

それに貧乏なくせして、暑い日にはコーラを買ってきてくれちゃう優しさも持っているのだ。

しかし、仕事は少々雑。


そんな勇くんを見ていると、中国のサロンで働いていたカイゲンくんを思い出す。


人の優しさといい、仕事の雑さといい、やたらと汗をかくところといい、

そしてとても美容師とは思えないその風貌といい、どこをとってもこのふたり、

そっくりなんだな。



成開源と鄭勇、このふたりのこれからに、目が離せません。































COMMENT▼

そろそろ

美容院行きたくなってきたけどやることがない。落ち着いてるのはいいことだが。という独り言。

Re: ほほぅ

双子であるはずがない。
いくらなんでもそれは安易すぎるでしょ!
中国人の素朴さかなぁ。

ほほぅ

それはきっと双子だな。そうに違いない!海を越えた運命の出会いだ!

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

TRACKBACK▼

http://daikfujik.blog43.fc2.com/tb.php/165-dfe2482d

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | ホーム | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。